jp-logo

NPO法人ドットジェイピー

若者と政治を結ぶ NPO法人ドットジェイピー

こんにちは。就活カフェの黒沢です。

今回は、若者と政治を結ぶNPO法人ドットジェイピーの代表をしている山本さんと広報の伊藤さんにお話をお伺いしました!

♪゜ +.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

ドットジェイピーさんでは大学生の長期休暇の2か月間で議員さんと行動を共にする事で若者政治に対する興味を高める事、「若年投票率の向上」に貢献する事を目指しています。

それではインタビューをどうぞ!!

憧れの先輩を目指して!

黒沢:それではいきなりですがドットシェーピーさんに入ろうと思ったきっかけを教えて下さい。

山本さん:すべてのはじまりはインターンシップに参加した事です。大学に入って半年は色々なバイトやサークルなどしてみたのですが、全然何も夢中になれなくてポカーンとした感じで毎日を過ごしていました。そんな活動の一つとしてドットジェイピーのインターンに参加したのですが、その時にとてもスタッフさんの姿がかっこいいな!と思い、私自身もそこにいたら本気になれるかなって思ったのがきっかけです。
また自分自身が大学生まで日本に住んだことがなくて・・・

黒沢:え!!大学生に入学するまで海外にいらっしゃったのですか?

山本さん:はい。元々政治には興味があって、日本の政治をもっと深く知りたいなと思ったのと活動の理念にすごく共感できたというのもあります。

黒沢:なるほど!伊藤さんは如何ですか?

伊藤さん:私は代表の山本に声をかけられて・・・

山本さん:はい。声をかけたと思います。笑

伊藤さん:スタッフの人たちがかっこいいというのは私も思っていて、先輩方が議員さんと堂々と話しをしている姿とか憧れましたね!特に代表の山本には憧れました!
普段は明るくて、面白くて(笑)なんですけど、ミーティング始まると空気を全部自分の方に引っ張っていくような喋り方をするのですよ。(山本さん笑)

黒沢:山本さん、それを聞いてどうですか?笑
プレゼンするときに工夫していることってありますか?

山本さん:
自分自身では全然気づかないのですが、やっぱり議員さんと接している中で学んだ部分も大きいと思います。空気を作るスキルとか大人との対応の仕方だったりとか。

それとミーティングを週1回行うのですが皆の前でパワーポイントを用意して発表をするのですが皆が退屈しないように中身のある内容にしようと努力します。

それでもやっぱりクオリティが高くなくて皆の興味関心が無いなと思う時もあって、そんな時はもの凄く反省しますね。でもその分やっぱり成長すると思います。

♪゜ +.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

議員の方と仕事をする

黒沢:議員さんへの営業も行っているんですよね? 実際に営業してみてどうでしたか?

伊藤さん:そうですね。ほんと心臓バクバクで(一同爆笑)

黒沢:何人くらいの議員さんにお会いするんですか?

伊藤さん:今期は2人でしたね。スタッフにもよるんですが多い人だと8人ぐらいかな?それを一か月で・・・

黒沢:えーー!すごいですね。トップ営業マンですね。
この団体に入ったらこんないいことがあるなんて、なにかありますか?

伊藤さん:全国の人と知り合えるっていうのが一つの魅力で社会人の方とも沢山お話しするので対話力やプレゼン能力は格段に上がると思います。団体に入る前の半年前と比べて大分変ったと思います。

黒沢:そうですよね。社会人の方と話すことはあったとしても、議員の方と議論をしたり、提案したり、なかなかない経験ですね。山本さん自身は如何ですか?

山本さん:私は団体に入って一年になりますが入る前は全てにおいて感情論で話してしまっているところがあったのですが、随分論理的に話ができるようになったかなと思っています。

黒沢:自分で成長が感じられるなんて、素敵な活動ですね。
楽しいことは多いと思いますが、逆に大変な事ってどんなところですか?

山本さん:一つの目標に向かって努力している分、厳しい指摘を受ける事も多いので、そんな時はやはり少しへこみますね。笑
でもその分頑張ろうとも思いますが。後は時間の使い方かな。

伊藤さん:できることなら1日48時間欲しいですね・・・笑
大変と言えば学生の勧誘なんかで、その人にいかに魅了を伝えるかという事は苦労します。やっぱりただ話すだけではなくて魅力を伝えるっていうのはちょっと違うので。その分やりがいも大きくて、達成感はすごいですね。本当に。

山本さん:ジーンて感じで全て吹っ飛んじゃうよね!

黒沢:なるほど。やはりそのような達成感があって続けてこられたのでしょうか?

伊藤さん:そうですね。その時の印象が私の中では一番大きくて、仲間と一緒に何かを達成して喜べるっていうのもなかなか無いと思っています。

黒沢:活動を通して政治に対する意識は変わりましたか?

伊藤さん:意識は大幅に変わりましたね。今までニュースでチラっと見ていたものも、実際に国会に行って自分の目で見た事だともっと深く知ろうと思って自分で勉強し始めたりしますね。

山本さん:私はずっと中学生の時から外交官になりたいって思っていたのですが、更に政治、日本そのものを知ろうという興味が湧きました。
またドットシェーピーの理念でもあるのですが、絶対自分は20歳になったら投票に行くぞという気持ちになりましたね。

黒沢:活動を通じて大きく意識が変わったんですね。
ドットジェーピーさんではインターンとして、活動に参加し、若者の政治に対する関心を高めようとされているかと思いますが、今は全体で何人くらいの学生さんがインターンされているんですか?

伊藤さん:ドットジェーピーが設立して15年ですがその間で1万7千人の方がインターンをされました。現役のスタッフが200人位ですかね。

♪゜ +.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

政治に対する思い

黒沢:お二人の今後のビジョンを教えて下さい。

伊藤さん:私は主に広報に関わる部署なのですが、今期は支部全体、事業部全体を見据える仕事もしていきたいと思っています。投票率の向上は勿論上がれば良いのですが先日、議員さんとお話させて頂いた際に投票率を向上するだけだったら適当に投票すればいいじゃないかって言われてしまいまして。
それもそうだなと思ってしまったんですね。そこで根本的に若者が政治自体に対する興味を持てるような活動をしていきたいと思っています。そしてそんな事をしているドットジェーピーをもっと信頼できる団体として発信していきたいと思っています。ドットジェイピー自体を変えるわけではないのですが、私はそうゆう活動をしていきたいです。

黒沢:そうですよね。目的を見失わずに活動することが大切ですよね。
山本さんは如何ですか?

山本さん:今季からグローバル事業部を立ち上げました。領事館のインターンシップや未来国会など新しい分野にチャレンジしていきたいと思います。またドットシェーピー自体を拡大していきたいという事も考えておりまして。現時点までの学生参加人数は1万7千人で一見多そうなのですが良く考えると全大学生の数%でしかないですよ。まだまだ若者が政治に興味ない時代だなぁって思います。そこで自分がいた時代に、ガラっと意識が変わったよね。というような時代にしたいです。正に明治維新の時みたいに。

- NPO法人ドットジェイピー -
山本 玲奈さん(慶應義塾大学)
伊藤 優 さん(明治大学)
設立:1998年2月
メンバー数:200名
URL:http://www.dot-jp.or.jp/
facebook:http://www.facebook.com/dotjp
twitter: