king-logo

Business Camp KING

未来思考やデザイン思考を用いて2030年の未来を洞察し、ビジネスアイデアを創造する

今回は学生団体「KING」の代表石川さん、渉外局高田さんにお話を伺ってきました!KINGでは7泊8日で「ビジネスキャンプ」を開催し、多くの学生さんに貴重な体験・経験を提供しています。インタビューに協力してくれた石川さん、高田さんがKINGをどんな思いで運営しているのか、今後どんなビジョンを掲げているのかなどなど、、、盛りだくさんでお届けします!

♪゜ +.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

7泊8日間のスケール

黒沢:では早速始めたいと思います!
まずは団体の魅力、「ここがほかの団体と違う!」というポイントは何ですか?

石川さん:そうですね。KINGの魅力としては、やはり7泊8日間のイベントを自由にデザインできるってことがあります。KINGは18年間続いているんですけど、今年はどういうふうに変化させて行けるか考えて変えていけるところが、僕たちの団体の良いところかなって思っています。
今年はイベントの名前をコンテストからキャンプに変えて、新しくデザインしたいと思っています。参加者はみんな初対面なんですけど、7泊8日間ずっとオリンピックセンターに缶詰になります!ビジネスプランを体験するという、そんな機会は多分KINGに参加しなければあまり無いと思うし、非日常を感じてもらえるっていう意味で僕たちのKINGっていう団体は魅力的かなと僕は思っています。

宿泊部屋は4人で1つの部屋になっていて、男子部屋と女子部屋に分かれているので、お風呂とか部屋の中でかなり深く交流ができます。

黒沢:自然に議論できる環境になっているのはいいですね!
高田さんはどうですか?

高田さん:やはり学生だけで全部イベントの7泊8日を作り上げることは、大きな魅力だと思いますね。
夏のイベントは7泊8日が本イベントということになっているんですけど、大体月1回、実行委員だけでトライアルイベントをやります。あとは、100名規模で大学生を集めて、1日イベントも行います。その中でも運営・照明・映像も全部学生だけでやってるので、そこは一番の魅力だと思います。そういった事を通して実行委員の中でも絆が深まるし、友達っていう感覚よりは仲間っていう感覚のほうが強いですね。

黒沢:1週間も一緒にいると参加者の方とも絆が深まりますよね。
もともとなぜこの団体に参加しようと思ったんですか?

石川さん:僕の場合は、KINGが『ビジネス』を掲げていたのが決め手です。僕はビジネスに一番興味があって、この世界を動かしている一番大きな原動力がビジネスじゃないかなって思っています。それで大学時代にビジネスに触れてみたいと思って、ビジネス系の団体であるKINGに入りました。それと僕はイベントやお祭りが大好きで(笑)
高校生では文化祭実行委員長でイベント運営していました。ビジネス・イベント両方が楽しめるKINGが僕にピッタリじゃないかと思って入りました。

黒沢:ビジネスとイベント・・・石川さんが挑戦したいことがKINGに詰まっていたんですね。高田さんはどうですか?

高田さん:私は石川と違って11月頃、秋の新歓で入ったんですよ。それまでは何も活動していなかったんです(笑)
普通に大学生活を送っていたんですけど、このままだと高校生の時と何も変わってないし、いつまでも自分が何かを与えてもらう人っていうのが嫌で。KINGは7泊8日間で参加者一人一人に人生の中で大事なものを与えているじゃないですか。だから、KINGに入れば自分も人に何かを与えられる立場になれると思い、入ることにしました。
私は石川と違って凄いビジネスに興味があったわけではなかったです。

黒沢:そうなんですね。生活を変えたいと思って実際に行動できるなんて素晴らしいです。

♪゜ +.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

KINGをデザインする

黒沢:石川さんはなぜ今回代表をやろうと思ったんですか?

石川さん:そうですね。1番大きな理由としては僕のビジネスに対する想いを形にしたいなっていうことです。ビジネスに関わるイベントを僕主導でやりたい!という気持ちが大きくて。あともう1つは、KINGの8日間をデザインしたいなっていう気持ちが大きくて、自分色に染めたいと思い代表に立候補しました。

黒沢:今代表をされていてどうですか?自分色に染まってきましたか?笑

石川さん:そうですね笑。社会や企業で実際に起こっている問題がKINGでもそのまま起こったりして。そういった対立だとか困難が本当にいっぱいあります。すごく大変なんだなというのを痛感しています。まだこれからだな、って思いますね。

黒沢:何かをつくるって難しいですよねー。
ちなみにその困難ってどんなことだったんですか?

石川さん:やっぱりモチベーションの差っていう問題がありました。それぞれ自分の思いを持って来ているので、そのすり合わせが大変だったと思います。

言い合いになることも日常茶飯事(笑)
ちゃんとそれぞれの思いを真剣にぶつけ合っています。

黒沢:みなさん、言い合える関係性も素敵ですし、それだけの思いや覚悟があるんですね!
高田さんは今渉外を担当されていると思いますが、渉外局に入ろうと思ったきっかけは何ですか?

高田さん:
やっぱり社会人と関わってみたいっていうのが一番大きいです。普通に過ごしていたら企業の方と出会う機会ってあんまりないじゃないですか。渉外局に入れば企業の方と話すことが可能になるから、そこから見えてくるものって大きんじゃないかなと期待しています。

黒沢:まだ渉外を担当して半年だと思いますが、どうですか?

高田さん:そうですね。企業の方々もいろんな方がいらっしゃいますし、そういう方々から沢山のお話を聞くことは、凄い視野が広がって、楽しいことだなと思っています。

黒沢:もの凄い考えがしっかりされていますねー!
高田さんもKINGさんの活動を通じて、何か辛かったことはありますか?

高田さん:最初は雰囲気に飲まれましたね。ミーティングに行って全員が真剣に意見を言い合ってるんですけど、私は今までそういう場にあまりいたことがなくて、最初はびっくりしました。終わった後に、実行委員の人から「こんなもんでしょ?」って言われて(笑)
私にはレベルが違うなって思いましたね。

黒沢:こんなに立派に活躍されている高田さんも最初はそんな思いをされていたんですね。

♪゜ +.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪゜+.o.+゜♪

これからも自分色を忘れずに

黒沢:今後のKINGについても気になるのですが、石川さんは今後こんな自分色にしていきたい!というのはありますか?

石川さん:僕が感じている事で最近の学生団体の潮流として、有名な企業を呼んだらその学生団体すごいなとか、なんか芸能人を呼んだらこの団体なんかイケてるってみたいなものがあると思うんですね。
僕たちはそうじゃなくて自分たちが真剣に、これはやる価値があるんだろうか、自分たちが8日間どう設計したほうがいいか、ということを、『自分たち発信』で考えています。

社会人の方々にご意見・ご協力を仰ぎながらも、自分たち主体で考えることが1番大事だと思っていて、8日間をより良いものにするべく、自分たちが納得できるものを作り上げたいと考えています。

黒沢:なるほど。それが自分色ということですね!代表の方が強い思いを持っているとイベント全体が同じ思いになりますよね。
何か具体的にこう行動していきたいというものはあるんですか?

石川さん:そうですね。今のところはスタッフともっと話し合いの機会を増やしていったり、いろんな人が活発に話せるような仕組みをつくっていきたいです。
小さい輪をいっぱい作って全体ミーティングをするとか、局を横断して普段話さない人たちと話せるような仕組みつくるとか。

黒沢:ミーティングが活発だと、良いアイディアも出ますからね!
KINGさんは学生さんの中で影響力も大きいと思いますが、団体自体の規模を大きくしたい思いはありますか?

高田さん:いや・・・別にそれはないですね(笑)
人数が多いと自分の責任感って小さくなっちゃうと思うですよ。KINGってそこまで人数が多いわけではないので、結構すぐ自分の仕事の重要性とかがわかります。逆に、良いものを作れるんじゃないかなって思います。

石川さん:人数的には変わらず、でも入ってくる人たちは尖った人がいいです。もっとKINGを変えていこうと思ってる人たちをいっぱい集めて・・・。来年、僕たちを超えて行けるような人たちが集まってくれればいいかな、と思いますね。
やっぱり結構地方から東京に来られた方とか、例えば三重県からきた実行委員もいるんですけど、「自分は三重を背負って東京に来たという意識があります!」と言っていました。

黒沢:かっこいい!何かを成し遂げたいと、思いを持っている方のエネルギーは凄まじいですよね。

石川さん:はい。そういう方がKINGに来られると凄い自分のバリューっていうのを発揮できると思いますし、三重に帰ったときドヤ顔できますよね(笑)

黒沢:そうですね(笑) 1年生からそういうことにアンテナ張ってるのはすごいですね!
ありがとうございます。インタビューは以上です。他は大丈夫そうですか?笑

石川さん:
あ!6月23日(日)に東京のマイクロソフト本社で「Pre KING in 関東」というイベントを行います。僕が本当におすすめするKINGの1dayイベントですので、皆様どうぞご参加ください!

黒沢:URLはって告知しておきますね♪(http://www.king-waav.org/
石川さん、高田さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

- Business Camp KING -
石川聡彦さん (東京大学)
高田観生さん (早稲田大学)
設立:
メンバー数:
URL:http://www.king-waav.org/
facebook:https://www.facebook.com/KING2012WAAV
twitter: